あほくおりてぃー

海外情報発信ブログ

ホームレスの苦悩と決心

こんにちはホームレスみやです!

 

今日は僕の決心について書きました。

 

 

ホームレスをやめます!!

 

結論から言うとこれ。ホームレス生活を終了することにしました!

めちゃくちゃ悩んだ末に出した結論。

 

今日は僕のことを応援してくれた皆さんに是非読んでいただきたいです。

 

クラウドファンディングの大成功

f:id:nyonkami:20170120160150j:image

 

知っている人も多いかもしれないけど、僕がホームレスを始めたきっかけはPATERSのことを多くの人に知ってもらいたいって気持ちで始めたんだよね。

 

もちろん人の恩で生きたい!って思ったこと、実際この生活にならざるをえなかったことも事実なんだけど、一番の目標としては50円で整体をして、少しでも僕の知名度を上げて、たくさんの人に僕の活動を伝えて、『これからBARをやりたいんです!』って一人一人に夢を語って。少しでもPATERSを応援してくれたらいいなってそんな気持ちがとても強かったんだ。

 

だから整体をするとき会った人にはPATERSのことを全力で伝えてきた。

 

PATERSのこと自分の活動のことを伝える時は常に120%で伝えてきたし、相手の話も全力で聞くようにしてきた。

 

1日に何人も整体して、話をして、話を聞いて。っていう生活を毎日していた時は正直『メンタル保つかなぁ〜』って思ったことが何度もあった。

 

整体をすることより、伝えること、話を聞くことの方が何百倍も大変だった。

 

それでも続けてこられたのは皆の応援とか、谷とかしみの頑張りを知っていたからなんだよね。

 

ようやくクラウドファンディングの日を迎えた。

 

PATERSの挑戦であり、僕としても今までの行動とか50円整体の挑戦が目に見える形で結果としてわかることになる。『皆に僕の想いは伝わっていたかな』って正直、気が気じゃなかった。

 

そしてクラウドファンディングが終わってみると目標額の倍のお金が集まっていた。

 

支援者の中には僕が整体をしてきた人がたくさんいて、そんな人達が頑張ってね!応援してるよ!なんてコメントも残してくれて。めちゃくちゃ温かい気持ちになった。

 

肯定された瞬間

f:id:nyonkami:20170120160216j:image

 

クラウドファンディングが始まる前に僕が言われていたことがあった。

 

普通に考えてホームレスやってる奴がいるところに支援してもらえるわけが無い

 

信用性が無い

 

 

そんな声が僕に届いていた。

自分一人がそう言われてるだけなら全く気にしないんだけど、PATERSが関わってきたら話は別なんだよね。

僕が2人の足を引っ張ることになるんじゃないか』って不安になった。

 

だからクラウドファンディングが成功した瞬間一気に救われた気持ちになったんだ。

僕がやってきたことは間違いじゃなかったって安心することができた。

 

それを実感できたのは皆のおかげ。

 

だからいつも応援してくれる人達、

本当にいつもありがとう

 

 

 

ホームレス生活をするということ

f:id:nyonkami:20170120160314j:image

 

クラウドファンディングが終わってからの僕はというと、一種の燃え尽き症候群のような感じになっていた。

 

そこに重なるようにして問題が起きた。

ホームレス生活でお金がなかった僕に払えていなかった金銭面のこと、身体に異常が出始めたこと

 

楽観的な僕は、何か問題が起きた時も大丈夫っしょ〜wwとか言いながら生きてきたんだけど今回ばかりはさすがに、

 

ヤバいヤバいヤバいヤバい

 

マジ焦りをした。というかしている。

エネルギーも失われてる最中、結構なお金が必要ってなった僕は完全に思考停止してしまったんだよね。さらに身体に異常なんて。

 

その時はもうただただホームレス生活がしんどくて、お金をどうにかしなきゃ。でもどうしようどうしようって本当に何も考えられなくなっちゃって。

 

正直なところ12月に入ってから最近まではツイッターも開きたくなかったし見たくもないってぐらいかなり落ちてた。

 

不思議なもんでそんな僕の脳内で再生されたのは母親のホームレスを反対する言葉だったり、ホームレス生活を叩く人の言葉だったり。

 

もちろん後悔なんて全くしてないし、やって良かったって気持ちはずっと変わらないんだけど、弱った時だけ全く気にしていなかった言葉が頭の中をずーっとぐるぐるしてて余計に弱っていった。

 

改めて自分は普通の生活してないんだな〜って実感したし、

この悩みとか弱ってるところを周りに見せることなんかできなくて、明るく振る舞ったりするのが本当に辛かったんだよね。

 

なんでかわからないけど涙が流れてきたりもして。

とにかくここ最近までは本当に気力が全くなかった。

 

 

よし、ホームレスやめよ!!

f:id:nyonkami:20170120160332j:image

落ちるところまで落ちたし、もうこれ以上何も行動に移さないってのは良くないなってことでいきついた考えがホームレスやめよ!!だった。

 

大切なのは何より自分のこれからのことで、BARが始まるまでに身体のことも、金銭面のこともしっかり整えないといけない。

今までたくさん頑張ってきたよなって自分で肯定もたくさんしてあげた。

 

PATERSにも相談をして『みやが考えて決めたならいいんじゃない?』って。

母親にも相談をして、『頑張ったよ、もうやめていいんじゃない』って。

僕の彼女にも相談をしたらやっぱり肯定してくれた。

 

だからホームレス生活は4月いっぱいで終わりにすることにしました

 

そんでもってBAR開業までの期間、

PATERSの活動の合間を縫って働くことにしました。

 

悩んで悩んでめちゃくちゃキツかったけど、今はもう大丈夫!!とっても元気。この話をいつか笑い話にしていけたらって思ってる。

 

まだこの生活も数ヶ月あるけど生き抜いていきます!! 

 

 

人生一度きり、後悔しない道を