読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あほくおりてぃー

25歳ホームレスの日常

野宿をして過ごすということ

 

ホームレスみやです!!

 

今日は野宿について書いてみました。

 

 

まずなによりも困るのがこれ。

 

全身、蚊に刺される

 

夏の今の時期の悩みはこれ!!!やっぱり水辺とか緑があればある程、蚊はたくさんいるもんで。対策として肌が出ないようにしたり顔面にはタオル巻いて。

フルフェイスのマスク買おうかな、、なんて考えてます。

 

 

けれどどうだろう、

それでも朝起きたら全身蚊にさされ!!笑

 

どゆことや!!!!

 

蚊って服突き抜けて刺すの?って思ったら微かな隙間から匂いを頼りに侵入してくるとか。

 

恐るべし蚊。

野宿には虫除けスプレーが超必須。

 

 

意外に寒い

夏だから暑いんじゃないかー?なんて思うよね?

 

夜中〜早朝にかけてはめっちゃ寒いんです。ヒートテック着てその上に半袖着てその上には薄手のウィンドブレーカー着て首にタオル巻いて。下は長ズボン履いてやっと暖かい。

 

びっくり!!!じゃあ冬はどうなっちゃうのって話しで!!ホームレスの先輩も冬は絶対に野宿をしちゃだめだよって教えてくれた。

 

対策を考えねば。生きることにこんなに必死になるなんて人生でそう体験するもんじゃないなって常に思ってる。

 

 

寝心地は...

 

そんなに悪くない。笑 

選ぶ場所は人気の多く、交番が近くにあるところ。交番が近くにあるのはマジで安心。それでいて警察が声をかけてくることもない。同じように安全面を考えてかわからないが、僕の他にもホームレスが寝ている。

 

寝袋があればなお良し!!というところ。ただやっぱり地面が固いのは当たり前で。なのでダンボールを使うのも当たり前になってくる。コンビニとか道端にすら落ちてることもあるくらいで、ダンボールはすごく便利!!柔らかいだけでなく、地面の冷えや、逆に熱などを遮断してくれる効果がある。

 

終電逃して寝床に困っちゃったぁ(汗)なんてことがあれば是非その辺のダンボールを活用して地面で寝ていただきたい。

 

 

雨が降るときは屋根があるところへ

 

いや、当たり前!!!笑

雨が降ると、若干寝心地が悪くなる、というか、伸び伸び寝れない場所へ。(普段の寝床ではもう伸び伸び寝ています。)

テントなんかあればすごくいいなーなんて思うんだけど法律的に都内公園でのテント使用は禁止されてるとのこと。もちろん路上でテントなんて使えないし...。

雨の日はできるだけ野宿を避けるために全力で助けてくれる人を探すようにしている。

 

 

まとめ

野宿はやっぱり身体が全回復!!っていうのが中々難しくて、寝るときにも気合いをいれるようなそんな感覚。けれどさっきも挙げたダンボールとか寝袋があればさらに大きく変わってくる。

なんかもっと最高な場所があるんじゃないかって思う。

 

ホームレスの人との情報交換が大切だなって思うところで、そんなことを意識して生活していく。

 

毎日、あー生きるってすげーことだな。って実感しながら。

そして布団で寝れるときは布団半端ないな。って本当に毎回思うんです。

 

さぁ、明日も生きていくよー。

 

 

 

 ホームレスみやの日常をツイートしてるのでフォローお願いします!↓
ホームレスみや|Twitter

 

 

 

人生は一度きり。後悔しない道を